ブラインドは二重の役割です

来年の途中から、一人暮らしを始めることになりまして、新居には、やはりブラインドを取り付けたいと思っています。
私はブラインドに慣れているので、カーテンよりもブラインドのほうが、使いやすいと感じています。
今度取り付けるとしたら、木製のブラインドもいいなと思っています。

ブラインドはクルクルっと棒を回すと、ブラインドの羽根の角度が変化して、取り入れる光の量を調節しますから、自分の思い通りの光加減が調節できるところがいいと思います。

きちんと閉じてしまえば、厚手のカーテンの役割をしますし、斜めに傾くようにすると、レースのカーテンのような感じで、外から中は見えずに柔らかい光が差し込むような感じになります。

私が今まで使っていたブラインドは白で、プラスチックで出来ているものでした。
激しい西日の時でも、上手に角度を調節すると、西日も悪くないなと思うくらい柔らかな光に変化させていました。

ブラインドの一番の魅力は、その羽根の角度を変えることで、レースのカーテン役になったり、厚手のカーテンになったりするところだと思います。

紐を引っ張って、ブラインドを全部上にあげてしまえば、カーテンを全開にしたときと同じように、窓から外を見ることができます。その高さも自由自在に調節できるところがいいと思います。

ブラインドは羽根の角度で、内側からは外が見えていていも、外からは案外見えていないことがあります。その角度の調節の仕方一つで表情が変わって、上から下のほうが見えたり、下から上が見えたりするので、使い方次第で、とても便利なものになります。

ビルの高いところの部屋でしたら、ブラインドのもつ良さがとてもよく発揮されると思います。ビルの上階のほうになると、ブラインドの角度を斜めにすると、下からは部屋の中が見えなくなりますが、日の光は入って来るようになります。つまり、部屋は明るくなるのに、外からはプライバシーが守られるようになるのです。

白のブラインドをレースのカーテン代わりに使うのも一つの手です。白のブラインドを付けて、その上から、厚手の布のカーテンをすると、昼間は厚手のカーテンを開けて、ブラインドで部屋に入ってくる光を調節することが出来るのです。

しかし、基本はブラインドですから、好きな色や好きな幅のブラインドを見つけることが大切だと思います。私は羽根の幅が狭いミニブラインドが好きで、それを使っています。幅が広いタイプよりも更に光りの具合を調節することができます。
ブラインドはインテリア全体をモダンな感じにするのに役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*